FC2ブログ
12« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»02
 
 ≪ MENU ≫ * Upload * New entry * a d m i n
ハヤテのごとく!の瀬川泉いいんちょを溺愛しているブログ。泉いいんちょFCもやってます。
愛沢咲夜に関する考察 
2007/06/04 Mon 22:16:12
愛沢咲夜

愛沢咲夜。13歳。筋金入りのお笑い好き。頭は良く、飛び級できる実力ではあるものの、ナギ、伊澄、ワタルとは違う学校へと通う。
バリバリの関西人


バリバリの関西人です。可愛い顔してかなりハードな性格の持ち主。
ツッコミ1

ツッコミ2

特にツッコミは容赦なし。一心不乱にツッコみ続けます。
一度発動したら周りが見えなくなり、ツッコミのみに集中し続けるため、衰えることなく追撃し続けます。
トリオ結成願望?

ナギ、ハヤテ、咲夜でトリオで芸人になると言う咲夜。ナギ、ナイスツッコミです。
でもこのトリオ、誰がボケるのかしら?全員ツッコミに回ってしまうような気が…。
咲夜師匠、やはりここは師匠に任せます。

頭はいいものの、白皇学院の飛び級の席が3つしかなかったため、ワタルに、ワタルのために席を譲った咲夜。さすがは心が広いお姉ちゃんです^^
制服

咲夜の通っている学校の制服。白皇の制服より、こっちの制服の方が似合うかも。
元気そうでなによりw

そしてそして…


ファン悩殺


サンデー読者431人の咲夜ファンの皆様!あ
とそれとは違う咲夜ファンの皆様!

咲夜のファン悩殺の「ウソ泣き」ですよ!
いや~これに落とされた方は何人いることか…。
咲夜ファンの皆様!画像クリックでじっくり観賞なされ!

テーマ:ハヤテのごとく! - ジャンル:アニメ・コミック


キャラ考察 |  TB:0 CM:2

by take23
どうも初めまして。
先ほどトラックバックをいただき、
この記事を拝見させていただきました。

咲夜嬢のウソ泣きにまんまと騙された一人ですw
でも咲夜嬢に騙されるのならウソ泣きだろうが
何だろうが本望です。今すぐ死ねます!

咲夜嬢はお笑いに関しては容赦ありませんが、
ワタルに白皇編入を譲ったり、ハヤテの勉強を見たり、
下の兄妹やナギ、伊澄の面倒を見てやったりと
とても心の広い持ち主なので、
その分、もっといいような扱われ方をして欲しいと
切に願っています。

by サクサギ
>take23さん
初めまして^^コメントどうもです。

確かに、咲夜はお笑いにおいては本能をあらわにしますが、それとは違う面で、ナギやワタルなどには「お姉ちゃん」として接してくれてます。
それを見ると、おっしゃるとおりとても心の広いお姉ちゃんなんだなと実感できます^^
咲夜も、ハヤテのごとく!においてはとても重要な存在だということが伺えます^^

あ、コメントいただいたので、例のごとくリンクに加えさせていただきますw

writes     CLOSE▲  
コメント
この記事へのコメント
どうも初めまして。
先ほどトラックバックをいただき、
この記事を拝見させていただきました。

咲夜嬢のウソ泣きにまんまと騙された一人ですw
でも咲夜嬢に騙されるのならウソ泣きだろうが
何だろうが本望です。今すぐ死ねます!

咲夜嬢はお笑いに関しては容赦ありませんが、
ワタルに白皇編入を譲ったり、ハヤテの勉強を見たり、
下の兄妹やナギ、伊澄の面倒を見てやったりと
とても心の広い持ち主なので、
その分、もっといいような扱われ方をして欲しいと
切に願っています。
2007/06/06 (水) 20:49:09 | URL | take23 #-[ 編集]
>take23さん
初めまして^^コメントどうもです。

確かに、咲夜はお笑いにおいては本能をあらわにしますが、それとは違う面で、ナギやワタルなどには「お姉ちゃん」として接してくれてます。
それを見ると、おっしゃるとおりとても心の広いお姉ちゃんなんだなと実感できます^^
咲夜も、ハヤテのごとく!においてはとても重要な存在だということが伺えます^^

あ、コメントいただいたので、例のごとくリンクに加えさせていただきますw
2007/06/06 (水) 23:03:40 | URL | サクサギ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 清く流るる泉の如く all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

template by
http://flaw.blog80.fc2.com